メイルや方策ではなく、わざわざ書面を送って見る

発端は、メールアドレスを送っても誤りになってしまうことでした。友だちに平年、年令おめでとうメールアドレスを描き出すのですが、なんだかそのときは何度やっても誤り。このままコミュニケーション不通になるのは不愉快だったので、おもいきって文章で年令カードを打ち出すことにしました。
お便りなんて久方振り。緊張して、文案までしてしまいました。そうやって心を込めて、先方のことを思いながら一文字ずつ丁寧に書いていくと、自分の心持ちもまとまってきて、自分がちゃんと相手に伝えたい事態だけを厳選してテキストにできます。メールアドレスや順路という絵文字やスタンプがないので、少々かしこまったテキストになりますが、それがまた清清しいというか真面目に先方によっている手厚い報道になるのが検知でした。
それ以来、普段のストーリーはメールアドレスですが、折にふれてお便りを書くようになりました。書いて封を通して宛名を書いて切手を貼ってポストに添えると、何手間も経て行き着くことを考えると、もらった方も嬉しさが何ダブルも違う。ほんのり不安だけれど、心持ちが染み渡るお便りはこれからも続けていきたいだ。口コミは絶対必要なもの